引っ越し先となるエックスサーバー側でドメイン登録とデータベースの設定を済ませたら

受け入れ側の準備はOKです。

ここからは、データの移行作業を1つずつ説明していきます。

まずは、お名前.comサーバー(旧サーバー)からWordPressデータを

ダウンロードする方法について見ていきましょう。

BackWPupプラグインのインストール

WordPressデータをダウンロードするには、FTPで直接データを取ってくる方法もありますが、

今回は、BackWPupというWordPressのプラグインを使って

データをダウンロードしてみたいと思います。

まず、BackWPupプラグインをインストールしていきます。

 

WordPressのメニューから「プラグイン」を選択して表示された画面で

「新規追加」ボタンをクリックします。

BackWPupインストール開始

 

BackWPupプラグインをキーワードで検索して表示させてください。

似たようなプラグインがありますので、間違えないように注意しましょう。

間違いがないことを確認したら「今すぐインストール」ボタンを押して

インストールを開始します。

 

インストールが終わったら「有効化」するのを忘れないようにしてください。

BackWPupプラグイン追加画面

BackWPupの「新規ジョブ」の追加

BackWPupプラグインがインストールできたら新規ジョブを追加します。

BackWPupプラグインのメニューから「新規ジョブを追加」を選びます。

BackWPup-新規ジョブを追加

 

すると、このような画面が表示されますのでジョブ名を設定してください。

どんな名前でも構いませんので、わかりやすい名称にしておいてください。

ジョブタスクでは「データベースのバックアップ」のチェックを外しておきます。

データベースは、別の方法で引っ越しをしますので、今回は不要です。

BackWPup新規ジョブ設定-ジョブ名称の設定

 

次に、この画面で下にスクロールしていくと「ジョブの伝送先」という項目があります。

引っ越し先にデータを移すためにZIPファイルとしてダウンロードしておきたいので

ここでは「フォルダへバックアップ」にチェックをいれておきます。

BackWPup新規ジョブ設定-ファイルの保存方法

 

ここまでできたら一番下までスクロールして、「変更を保存」ボタンを押して保存します。

保存ができたら「スケジュール」タブをクリックして画面を切り替えます。

ここでは、「ジョブの開始方法」が「手動」となっていることを確認します。

BackWPup新規ジョブ設定-ジョブスケジュール設定

 

BackWPupプラグインは、バックアップスケジュールを設定しておけば

自動的にバックアップを取るようにすることができますが、

今回の作業では不要なので「手動」にしておきます。

バックアップに必要な設定は、ここまでで終わりです。

【広告】

バックアップの実行

設定が終わったので、いよいよバックアップを取ります。

といっても非常に簡単で、クリック1つでバックアップを実行するだけなんです。

 

BackWPupプラグインのメニューから「ジョブ」を選びます。

BackWPup-ジョブ

 

先ほど作成したジョブがありますので、カーソルをそこに持っていってください。

編集、コピー、削除、今すぐ実行というメニューが出現しますので、

今すぐ実行をクリックしましょう。

BackWPupバックアップ実行

 

コンテンツの量によってかかる時間が変わりますが、数秒~数十秒かかります。

バックアップ中に表示される進捗状況は、たまに止まっているように見えることがあります。

そんなときも焦らず、しばらく様子を見てください。

気長に待っていれば、問題なく終了するはずです。

 

このように「完了しました」と表示されれば、バックアップの取得は完了です。

BackWPupバックアップ完了

バックアップデータのダウンロード

バックアップが完了したら、最後にデータを取り出します。

BackWPupプラグインのメニューから「バックアップ」を選びます。

BackWPup-バックアップ

 

先ほど作成したバックアップデータが表示されています。

ファイル名称は、新規ジョブを作成するときに設定できるのですが、

タイムスタンプを見て最新のデータを取得すればいいだけなので、

特に気にすることもないし、問題も起きないと思います。

ということで、「ダウンロード」をクリックします。

BackWPupバックアップデータダウンロード

 

ダウンロードが始まりますが、大きなサイズになっていると思いますので

少し時間がかかります。

完了したらエクスプローラを開いてダウンロードフォルダにデータがあることを確認しましょう。

BackWPupバックアップデータダウンロード確認

ダウンロードしたデータをまとめる

ローカルPCにダウンロードしたデータは整理しておきましょう。

きちんと整理しておけば、あとの作業が楽になります。

アップロード後のフォルダ構成、ファイルの配置と同じにして整理しておきます。

 

例えば、私の環境ではwpというフォルダにWordPressをインストールしていますので

このようにフォルダを作っておきます。

そして、ダウンロードしてきたZIPを解凍してwpというフォルダに入れておきます。

ローカルPCでの整理状況

 

また、後からダウンロードする関連ドキュメントは、wpの横に置きます。

これは、お名前.comサーバーで運用していた構成と全く同じ配置です。

エックスサーバーには、このままの形を復元するようにアップロードすることになります。

 

ここまで整理したところで、この作業を終わりにします。

 

では、次はお名前.comサーバーのデータベースをバックアップする方法について

説明を進めていきます。

【広告】