WordPressをエックスサーバーに移行する作業が終わったら

新しいサーバー上でサイトがきちんと表示されるか動作確認をしましょう。

 

悩む若手サラリーマン

動作確認って言われても、やり方がまったくわからないよ。

こんな悩みに応えるべく、

現行のサーバーでサイトが閲覧できるように維持しながらも、

新しいサーバーにアクセスしてサイトが表示されるか確認する方法を説明していきます。

DNSの仕組みを理解する

表示されるのはどっちだ!?

動作確認する方法を説明する前に、

まずは現行のサーバーに設置しているあなたのブログやサイトが

いったいどういう仕組みで表示されるのか理解しておきましょう。

 

あなたは、ここまでの作業で引っ越し元のお名前.comサーバーから

引っ越し先のエックスサーバーにWordPressとデータベースをコピーしたので、

2つのサーバー上に同じブログが存在している状態にあります。

 

この状態であなたのブログにアクセスしようとURLをブラウザに入力した場合、

どちらのサーバーのブログが表示されるのでしょうか?

 

悩む若手サラリーマン

1つのURLに対してブログが2つあるのか。

どっちが表示されるんだろう??

正解は、『引っ越し元のお名前.comサーバーにあるブログ』です。

なぜでしょう?

DNSがドメイン名をIPアドレスに変換する

それを解くカギとなるのが、DNSという仕組みです。

DNSとは、”Domain Name System”の頭文字を取ったもので、

ドメイン名とIPアドレスを紐づけるための仕組みのことです。

 

お名前.comサーバーにもエックスサーバーにも

それぞれ固有のIPアドレスが割り当てられています。

 

DNSは、ドメイン名(URL)をブラウザに入力したときに

そのドメイン名がどのIPアドレスに紐づけられているかを知っているのです。

もともと、お名前.comサーバーのIPアドレスがドメイン名に紐づいています。

だから、お名前.comサーバーのブログが呼び出されるのです。

現行のアクセス経路

 

DNSという仕組みがあるからこそ、

人間が覚えやすくて認識してやすいドメイン名(URL)を入力しても

コンピュータを一意に識別するIPアドレスに変換できるのです。

 

このDNSの仕組みをふまえると、

DNSの情報を書き替えずにあなたがアクセスするときだけ

新しいサーバーに移したブログを表示してくれるようにできれば、

きちんと動作確認をした後で、サーバーを切り替えることができるはずです。

 

悩む若い女性

でも、そんな都合のいい方法ってあるのかしら?

安心してください。あるんです。(笑)

【広告】

サイトの動作確認をする

動作確認の環境を作る

サイトを動作確認するときの環境は、このようなイメージです。

あなたのパソコンからだけ新しいサーバが表示されるようになっていて、

他のパソコンは全て現行のサーバーが表示されてほしいのです。

動作確認時のアクセス経路

 

この環境を作るためには、hostsという名前のファイルを使います。

hostsファイルを編集すれば、

引っ越し中のドメインを入力したときDNSとは関係なく強制的に

あなたのパソコンからは引っ越し先のエックスサーバーにつなげてくれるのです。

 

ここからがようやく本題です。(笑)

hostsを編集する

ただ、このhostsというファイルですが、非常に強固にWindowsに守られていて

管理者権限でも普通には編集できないようになっています。

それくらい動作の根幹に関わる重要なファイルだと言えます。

 

なので、むやみやたらと編集するのは良くありません。

でも、これをやらないことには動作確認ができません。

注意深く作業してください。

 

hostsというファイルは、

「C:\Windows\System32\drivers\etc\」にあります。

この場所をエクスプローラで開きます。

hostsファイルに拡張子はありませんので、頭に入れておいてください。

hostsファイルが存在するフォルダ

 

このhostsファイルをどこか適当なフォルダ(デスクトップでも、D:\でもどこでも良い)に

コピーします。

 

コピーしたhostsファイルをメモ帳などのテキストエディタで開きます。

ファイルの末尾にエックスサーバーのIPアドレスと引っ越し中のドメイン名を書きます。

IPアドレスとドメイン名の間は、半角スペースを1つ入れておきます。

hostsファイルの編集例

 

エックスサーバーのIPアドレスを取得するためには、サーバーパネルを開いてください。

そして、サーバー情報をクリックします。

エックスサーバー情報選択

 

ここにIPアドレスが表示されていますので、これを先のhostsファイルに転記します。

エックスサーバーIPアドレス表示画面

 

以上の編集ができたら上書き保存してください。(拡張子をつけないこと!!)

編集したhostsファイルを元の「C:\Windows\System32\drivers\etc\」に上書きします。

管理者権限が必要という旨の警告画面が出ますが、構わず「続行」してください。

hostsファイル上書き時の警告

 

これでhostsファイルの編集は完了です。

URLを入力して新しいサーバーのブログにアクセスする

ようやく作業を終えましたので、早速動作確認をしましょう。

動作確認をしたいドメイン名をブラウザに入力してください。

そして、無事にサイトが表示されれば、まちがいなく引っ越し作業ができたということです。

 

わかった!若手サラリーマン

やった!

サイトが表示されたぞ!

ちゃんと移行できたんだ!!

悩む若い女性

でも、本当に新しいサーバーにつながっているのかしら?

元のサーバーにアクセスしてしまっているということはないの?

確かに、hostsファイルの設定が正しくできていないという可能性もあります。

新しいサーバーにつなげたつもりでも、

実は元のサーバーにつながっていたというこ可能性がまだ残っています。

 

念のため、

新しいサーバー、つまりエックスサーバーにつながっていることを確認しておきましょう。

 

引っ越し先のエックスサーバーのpublic_htmlフォルダの配下に

test.htmlという名前のファイルを置いてください。

このtest.htmlの中は「Server Moving Test」とでも書いておきましょう。

test.htmlファイルの配置例

 

そして、ドメイン名/test.html(例:https://server-moving.kotohajime.info/test.html)と

ブラウザに入力してEnterキーを押してください。

ブラウザ上に「Server Moving Test」と表示されていれば、

エックスサーバーに接続されているということがわかります。

 

もし、これが表示されなければ、元のサーバーにつながったままです。

hostsファイルの修正をやり直してください。

 

ポイント!若い女性

接続先が変わったって確認できたから、これで安心ね!

サイトの動作確認を終えた後は・・・

以上で、引っ越し作業後のサイト動作確認は終わりです。

動作確認の作業を終えた後は、hostsファイルを元の状態に戻すことをお忘れなく。

 

あくまで一時的に強制的にアクセス先を変えたのですから、

元の姿に戻しておかないといけません。

これを忘れて後で「おかしいなあ」ということにならないように気をつけてくださいね!

 

さあ、最後に世界中のみんなが新しいサーバーにつながるようにしてあげましょう!!

このページで説明したDNSの紐づけの設定を変えるという作業が待っています。

【広告】