引っ越し先のエックスサーバーに新しくデータベースを構築する方法を説明します。

ここにWordPressのデータベースが引っ越ししてくることになります。

 

なお、新しく作るデータベースの名前、それに紐づくDBユーザ名とパスワードは

後でwp_config.phpを書き換えるときに必要になりますので

メモしておいてください。

MySQLの作成手順

エックスサーバーのインフォパネルからサーバーパネルにログインします。

サーバーパネルで「MySQL設定」をクリックします。

エックスサーバー-MySQL設定選択

 

MySQL設定画面が開きますので、「MySQL追加」タブをクリックします。

エックスサーバー-MySQL追加選択

 

MySQL追加の画面が開いたら、MySQLデータベース名を入力します。

ここには自分で決めた任意の名称を入れることができます。

他にもサイトを作っている、あるいは今後サイトを作ろうということを考えて

区別しやすい名称をつけておくのがいいでしょう。

 

文字コードは変更する必要はありません。

「UTF-8」になっていることを確認して「MySQLの追加(確認)」ボタンをクリックします。

エックスサーバー-MySQL追加設定

 

確認画面が出ますので、問題がなければそのまま追加します。

これで新しいデータベース(MySQL)の作成ができました。

MySQLユーザの作成手順

次に、MySQLユーザを新しく追加します。

このユーザは、上で作成したMySQLデータベースへのログインユーザとなります。

 

MySQL設定画面で「MySQLユーザ追加」タブをクリックします。

エックスサーバー-MySQLユーザ追加選択

 

MySQLユーザ追加設定画面が開きますので、任意のユーザ名とパスワードを設定します。

先ほどのデータベースと同様に他のユーザ名と区別しやすい名称にしておきましょう。

パスワードの確認にも入力ができたら、

「MySQLユーザの追加(確認)」ボタンをクリックして追加します。

エックスサーバー-MySQLユーザ追加設定

 

これでMySQLユーザの追加もできました。

【広告】

データベースとユーザの関連付けの手順

先ほど作成したデータベースとユーザを関連付ける作業をします。

「MySQL一覧」タブをクリックして表示される画面で「データベース」の列から

先ほど作成したデータベース名を探しましょう。

 

見つかったら、その右にある「アクセス権未所有ユーザ」のコンボボックスから

先ほど追加したユーザ名を選択します。

選択したら、その下にある「追加」ボタンをクリックします。

 

エックスサーバー-DB名とユーザ名関連付け設定

 

これでデーターベースとユーザの関連付けができました。

確認方法

新しいデータベースを追加したらMySQL一覧にその名前が表示され、

また、新しいユーザを追加したらMySQLユーザ一覧にその名前が表示されますので

それぞれ確認できます。

 

そして、データベースの「アクセス権所有ユーザ」のコンボボックスに

追加したユーザが表示されていれば、

データベースとユーザの関連付けもできているということになります。

 

確認ができたら、データベースの構築作業は終わりです。

【広告】