前のページまでで

引っ越し元であるお名前.comサーバーから必要なファイルすべてを

ダウンロードしたというところまで終わりました。

ここでは、引っ越し先のエックスサーバーにアップロードする前に

.htacessファイルとindex.phpファイルを編集しておきます。

 

エックスサーバーできちんと動作させるために必要な編集と確認ですので、

確実に行ってください。

.htaccessを編集する

WordPress以外の関連ドキュメントのバックアップを取る』で説明した作業で

.htaccessとindex.phpというファイルをダウンロードしていると思います。

まずは、.htaccessの編集について説明していきます。

 

ダウンロードしてきた.htaccessをテキストエディタで開くと、

引っ越し元であるお名前.comサーバーの設定が記述されています。

お名前.comのhtaccess設定内容
お名前.comサーバーの.htaccess

 

ここにエックスサーバーの.htaccessファイルに書かれている内容を追加します。

上書きではなく、追加してください。

 

追加する内容は、WordPressとは関係のないサーバーの設定です。

なので、どのブログでも共通ということになります。

 

ということで、エックスサーバー上にダミーで1つサイトを作って

その.htaccessファイルからコピーすれば問題ないです。

ただし、そこにはサーバーIDといった固有の情報が含まれていますので、

必ず自分の環境で作ったブログからコピーすることが必要です。

 

できあがった.htaccessファイルはこのようになります。

上にエックスサーバーの記述があり、下にお名前.comサーバーの記述があります。

htaccessの編集作業

【広告】

index.phpを編集する

次にindex.phpファイルの編集に移ります。

と言っても、ここでは何もすることはありません。

確認するだけです。

 

index.phpファイルを開くと、このような記述があります。

このうち赤枠で囲んだ部分が重要です。

index_phpの編集作業

 

index.phpファイルから見て、wp-blog-header.phpファイルの相対パスが

正しいことを確認します。

今回は、同じ構成のまま引っ越しするので、パスも変わらないという前提です。

なので、変更する必要はありません。

 

もし、アップロード後にWordPressが動かないということがあれば、

相対パスの記述が設置した通りになっているかということを確認します。

万が一の時のために、覚えておいてください。

 

以上で、.htaccessファイルとindex.phpファイルの編集作業は終わりです。

アップロード前の編集作業は、もう1つwp_config.phpが残っています。

次は、wp_config.phpの編集作業について説明していきます。

【広告】